災害時の無料公衆無線LANサービス「00000JAPAN」が令和2年7月豪雨エリアで稼働中

災害時の無料公衆無線LANサービス「00000JAPAN」が令和2年7月豪雨エリアで稼働中

大規模災害時に誰でも使える無料Wi-Fiとして、「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」というものがあります。

これは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクといった大手通信会社などが加盟する一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会が、東日本大震災を契機に災害時に公衆無線LANを無料で開放する活動を推進してできたもの。

「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」は、契約している携帯電話会社、通信会社、格安SIMを提供するMVNO、接続する端末もスマートフォンやタブレット、PCを問わず、Wi-Fi接続できる機種なら誰でも無料で利用ができます。

令和2年7月豪雨をうけ、この「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)が稼働しています。

スポンサードサーチ

熊本県・大分県・鹿児島県・福岡県・長野県・岐阜県の全域で利用可能

現在、当連絡会会員により、以下のとおり災害用統一SSID 00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)にて公衆無線LANサービスの無料開放が開始されております。

一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会【WiBiz(ワイビズ)】:令和2年7月豪雨に伴う【00000JAPAN】の無料開放

現在利用できるのは、熊本県・大分県・鹿児島県・福岡県・長野県・岐阜県の全域です。

提供しているのは、株式会社ワイヤアンドワイヤレス、KDDI株式会社、株式会社NTTドコモ、ソフトバンク株式会社で2020年7月9日12時より順次提供されています。

公衆無線LANカテゴリの最新記事