LINE Payが7月15日から東急線各駅の券売機で現金によるチャージサービスを開始

LINE Payが7月15日から東急線各駅の券売機で現金によるチャージサービスを開始

LINE Payが2020年7月15日から東急線各駅の券売機で現金によるチャージサービスを開始します。

スポンサードサーチ

駅券売機スマートフォン決済チャージシステム

このサービスは、東急および東急電鉄、GMOペイメントゲートウェイが共同開発した「駅券売機スマートフォン決済チャージシステム」を利用するもの。

スマートフォン決済サービスに駅券売機で現金でのチャージが可能なるのは、日本初の取り組みとなります。

チャージ方法

LINE Payへのチャージ方法は、LINEのアプリで券売機に表示されるQRコードを読み取り、現金を券売機に投入するだけです。

チャージ方法
チャージ方法

利用できるのは、東急線各駅(世田谷線は三軒茶屋駅・上町駅・下高井戸駅に設置。恩田駅・こどもの国駅は除く。)。

平日・土日祝日ともに5時30分~23時(世田谷線上町駅は6時30分~22時)の間に利用でき、1回あたりのチャージ可能金額は、1,000円以上49,000円以下で手数料なしで利用可能です。

スタートキャンペーン

サービス開始を記念して、LINE Payへ一度に現金3,000円以上をチャージした方にLINEポイント300ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施。

キャンペーン期間は、2020年7月15日(水)から2020年7月31日(金)で先着20,000名までとなっています。

LINE Payのキャンペーン詳細

東急のキャンペーン詳細

東急は以前からキャッシュアウト・サービスに対応

実は、東急電鉄では2019年5月8日から各駅の券売機から現金を引き出せるキャッシュアウト・サービスに対応をしています。

東急のキャッシュアウト
東急のキャッシュアウト

世田谷線とこどもの国線を除く、東急線各駅の券売機にて、スマホで簡単に銀行預貯金を引き出すことができるサービスです。

横浜銀行の「はまPay」および、ゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」をスマホにダウンロード。

各スマホアプリで引き出し金額を指定し、表示されたQRコードを券売機の読み取り機にかざすだけでお客さまの銀行口座から現金をお引き出し頂けます。

スマホで銀行預貯金を東急線各駅の券売機から引き出せる「キャッシュアウト」サービス、5月8日スタート!!

これにより、横浜銀行の預金口座を持っている方は「はまPay」を、ゆうちょ銀行の貯金口座を持っている場合は「ゆうちょPay」を使うことで、券売機から現金が引き出せるようになっていました。

2020年7月31日までは「はまPay」、「ゆうちょPay」共に手数料が無料、その後は平日は110円、土日祝は220円となっています。

今回のLINE Payの取り組みは、この流れですね。

モバイル決済カテゴリの最新記事