楽天モバイルで自社回線かパートナーエリアかをiPhoneやAndroidで確認する方法

楽天モバイルは、自社回線のエリアでは高速インターネットのデータが使い放題となっていますが、au回線のパートナーエリアでは高速インターネットが使えるデータ容量は月に5GBまで、5GBを使い切った後は最大1Mbpsで使い放題という形の制限があります。

そのため、端末を使っているのが楽天モバイルのエリアかそうでないかを知ることは大変重要ですが、Androidには用意されているmy楽天モバイルのアプリがiPhoneには用意されていません。

そこで、iPhoneでも楽天モバイルのエリアかパートナーエリアかを見分ける方法を調べてみました。

スポンサードサーチ

フィールドテストモード

フィールドテストモードとは、iPhoneの隠れた機能で、通話・通信の詳細な技術ステータスを表示するもので、全てのiPhoneで利用可能です。

その方法は以下の通り。

電話アプリを起動

電話アプリを起動して「*3001#12345#*」と入力して通話ボタンを押す。

電話アプリ
電話アプリ

通話ボタンを押しても、iPhone内だけで動作する番号なので、電話をかけることはありません。

Main Menu
Main Menu

「Main Menu」が表示されたら、「LTE」をクリック。

LTE
LTE

次に「Serving Cell Info」をクリック。

Serving Cell Info
Serving Cell Info

表示された画面の「 sel_plmn_mcc 」と「 sel_plmn_mnc 」の番号を確認します。

楽天モバイルとauの違い

楽天モバイルの自社回線と、auのパートナー回線表示とでは「 sel_plmn_mcc 」と「 sel_plmn_mnc 」の番号が以下のように異なります。

楽天モバイルの自社回線の場合

  • sel_plmn_mcc:440
  • sel_plmn_mnc:11

auのパートナー回線の場合

  • sel_plmn_mcc:440
  • sel_plmn_mnc:50, 51, 53

つまり、上の画像では、sel_plmn_mccが440、 sel_plmn_mncが50になっていますので、auのパートナー回線エリアというのがわかります。

場所を移動して、再度確認する場合には、アプリ画面を上部にスワイプして終了するか、iPhoneを再起動する必要がある点は注意が必要です

他の回線の場合

ちなみに、他のキャリアの電波を使用している時の数値は、以下のようになります。

NTTドコモ

  • sel_plmn_mcc:440
  • sel_plmn_mnc:10

ソフトバンク

  • sel_plmn_mcc:440
  • sel_plmn_mnc:20

ワイモバイル

  • sel_plmn_mcc:440
  • sel_plmn_mnc:00

KDDI・沖縄セルラー電話

  • sel_plmn_mcc:440
  • sel_plmn_mnc:50,51,53,54

Androidで確認する方法

Androidの場合、楽天モバイルが用意をしているmy楽天モバイルのアプリを使うのが一番簡単です。

また、回線チェッカーという非公式アプリもあります。

最新情報をチェックしよう!
>WordPressでメディアサイトを構築するならリソース・シェアリング

WordPressでメディアサイトを構築するならリソース・シェアリング

株式会社リソース・シェアリングは、キュレーションマガジン「Glam.jp」リニューアルや地域動画ポータル「旅もじゃ」構築など、WordPressを使った大手メディアサイト構築を多数手がけております。WordPressで大規模・高負荷アクセスが発生するようなメディアサイト構築をするなら是非ご検討ください。

CTR IMG