新型コロナ対応で大手携帯電話会社がデータ通信容量無償化などを8月末まで期間延長

新型コロナ対応で大手携帯電話会社がデータ通信容量無償化などを8月末まで期間延長

新型コロナウイルス感染症対応で大手携帯電話会社が25歳未満のユーザーに対してデータ通信容量追加にかかる料金を一部無償化していますが、各社さらに8月末まで期間延長が行われています。

スポンサードサーチ

大手携帯電話3社

NTTドコモ

NTTドコモは、「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」を、8月末まで再延長しています。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」(以下、本支援)を、当初予定していた4月末から7月末まで延長して実施しておりますが、引き続き大学等でリモート学習が実施されている状況を踏まえ、本支援の実施期間を8月末まで再延長いたします。なお、本支援については8月末をもって終了予定とさせていただきます。

「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」の再延長<2020年7月27日>

au

KDDI、沖縄セルラーでも、学生 (25歳以下) のユーザーのauデータチャージ利用料金無償化は2020年8月31日まで延長。

KDDI、沖縄セルラーでは、全国の各種教育機関の休校措置や大学等の夏季休業開始時期等を踏まえ、学生やお子さまのオンライン授業や各種教育コンテンツのご利用を支援するため、2020年4月1日から2020年8月31日までの間、25歳以下のお客さまを対象に、データ定額サービス/料金プランでのデータチャージされたご利用分のうち、月間データ容量超過後の50GB分までのご利用料金 (注1) およびテザリングオプション利用料 (注2) を無償化します。

(対象期間を8月31日まで延長) 新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う支援について

ソフトバンク

ソフトバンクは、25歳以下の「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の利用者の50GBの追加データを無償提供の対象期間を、8月31日まで延長しています。

7月31日までとしていた無償化の「対象期間」を、8月31日まで延長します。

(8月31日まで延長)25歳以下の“ソフトバンク”と“ワイモバイル”の利用者へ50GBの追加データを無償提供~テザリングオプションは無償~

携帯電話会社カテゴリの最新記事