無線LANルーターをエレコムWRC-X3000GS2に買い換えたら100Mbpsを軽く超える速度が出るように

無線LANルーターをエレコムWRC-X3000GS2に買い換えたら100Mbpsを軽く超える速度が出るように

フレッツ光の接続をIPv6方式に変えたら3倍以上に速度がアップしたNEC Aterm WG1200HP2をIPv6接続対応するための設定方法で書いたように、フレッツ 光ネクストへの接続方式をPPPoE方式からIPoE方式に変更して、回線スピード自体はかなり安定して出るようになりました。

しかし、どうもWi-Fiの方がボトルネックとなってかなり遅い気がするので、無線LANルーターを11 ax対応のエレコム WRC-X3000GSに買い替えてみたら、100Mbpsを軽く超える爆速での接続になりました。

スポンサードサーチ

エレコムWRC-X3000GS

今回購入したのは、エレコム WRC-X3000GSWi-Fiルーターに表示されている11b/11g/11a/11n/11ac/11ad/11axの違いと機器の選び方でお話をした11axという次世代Wi-Fi規格、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応した無線LANルーターです。

エレコム WRC-X3000GSは、11axで接続すると、記載されているスペックによると、5GHz帯で最大2402Mbps、2.4GHz帯で最大574Mbpsという速度がでます。

項目対応状況
無線規格と最大伝送速度11b:最大11Mbps
11g:最大54Mbps
11a:最大54Mbps
11n:最大400Mbp
11ac:最大1733Mbps
11ax:
 5GHz帯 最大2402Mbps
 2.4GHz帯 最大574Mbps
ストリーム数2×2
対応IPv6v6プラス
IPv6オプション
transix

エレコム WRC-X3000GSのストリーム数、つまりアンテナ数は2×2と多くはありません。

しかしエレコム WRC-X3000GSは、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応しているので、5GHzの通信帯域が従来機種の80MHzから160MHzに増え、さらにOFDMA技術と呼ばれる通信帯域内をさらに細分化して別々のユーザーに割り当てる方式により、複数端末で同時にデータ通信ができます。

Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)には、iPhoneや私が購入したiPhone 11 Pro、iPhone SE(第2世代)が対応していますし、Androidも対応機種がでていますので、今後を見据えるのであれば、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応していないものは、廉価であっても買うのはやめておいた方がいいでしょう。

ノジマオンラインで購入

今回は、ノジマオンラインが16,920円と安かったのでそちらで購入。

5月23日の朝に購入して、翌日の24日午前中に届くというスピード対応でした。

WRC-X3000GS 外箱
WRC-X3000GS 外箱

箱の中には、本体とACアダプター、1mのLANケーブル、各種マニュアル、かんたんセットアップガイドが入っています。

WRC-X3000GS 付属品一式
WRC-X3000GS 付属品一式

エレコム WRC-X3000GSの本体左側面には、冷却用の空気穴。

WRC-X3000GS 本体左側面
WRC-X3000GS 本体左側面

アンテナ内蔵式なので、かなりスッキリとしたデザインで、部屋に置いても目立たなくて良い。

WRC-X3000GS 本体右側面
WRC-X3000GS 本体右側面

エレコム WRC-X3000GSの本体正面には、WPS、2.4GHz、5GHz、Powerのランプ。

WRC-X3000GS 本体正面
WRC-X3000GS 本体正面

エレコム WRC-X3000GSの本体背面には、上からモード切り替えスイッチ(ルーター及びアクセスポイント)とLANポート4つ、青いINTERNETと記載があるところが1Gbpsに対応したWANポート、最後が電源ポートになっています。

WRC-X3000GS 本体背面
WRC-X3000GS 本体背面

エレコム WRC-X3000GSの足の裏には、管理画面へのアクセスIDとパスワードや初期SSID、暗号化キーなどが記載されています。

エレコム WRC-X3000GSの本体サイズは207mm×140mm×40mmと大きくはないのですが、今まで使ってきたNEC Aterm WF1200HP2 PA-WF1200HP2が146mm×97mm×33mmとかなり小さく背が低かったので、ちょっと大きく見えます。

エレコム WRC-X3000GSの設定方法

エレコム WRC-X3000GSの設定は、以下のように行いました。

「らくらく引越し機能」での設定

付属のかんたんセットアップガイドやWRC-X3000GS ユーザーズマニュアル接続編には、「らくらく引越し機能」という機能があると記載があります。

これは、現在使用中のルーターからWi-Fi接続情報(SSID、パスワード)をそのまま引き継ぐことができるというもの。

「らくらく引越し機能」の手順としては、以下の流れとなっています。

  1. 本体背面の動作モード切り替えスイッチを「ルーター」の位置する。
  2. 本体をACアダプターでコンセントに接続して起動。
  3. POWERランプの点灯状態を確認して、紫点滅のあとに緑点灯になるのを待つ。
  4. 本体のWPSボタンを約15秒押し続ける。
  5. 本体のWPSランプが短い間隔の点滅から長い間隔の点滅(2 秒点灯・1 秒消灯)になっていることを確認し、WPS ボタンから手を離す。

ところが、この3番目から先に進めません。

POWERランプが緑点灯に
POWERランプが緑点灯に

POWERランプが緑点灯にはなるのですが、本体のWPSボタンを約15秒押し続けても、WPSランプが点滅しません。

ということで、「らくらく引越し機能」については諦めました。

IPv6での設定

フレッツ光の接続をIPv6方式に変えたら3倍以上に速度がアップしたで書いたように、家の回線はBIGLOBEIPv6接続サービスでの接続をしています。

一方、エレコム WRC-X3000GSIPv6接続サービスに対応しているので、光回線のモデムから出てるLANケーブルを青いINTERNETと記載があるWANポートに接続するだけで設定完了となります。

実際、BIGLOBEにはケーブルを繋ぐだけで接続が出来ていました。

Wi-Fiの設定

エレコム WRC-X3000GSがインターネットに繋がりましたので、ここからはWi-Fiの設定に入っていきます。

スマートフォンやPCのWi-Fiに「elecom-xxxxxx」とSSIDが表示されるので、「かんたんセットアップシート(初期値)」や、足の裏に記載の情報を入力することでインターネットに接続ができます。

かんたんセットアップシート(初期値)
かんたんセットアップシート(初期値)

詳細な設定を行う場合には、管理画面にログインをします。

WRC-X3000GS 管理画面
WRC-X3000GS 管理画面

メインSSIDの設定

管理画面にログインをすると、メニューが並んでいます。

まず、設定をするのが「Wi-Fi」の設定ですので、こちらをクリック。

WRC-X3000GS Wi-Fi設定
WRC-X3000GS Wi-Fi設定

メインSSID、マルチSSID、WPSの選択ができますので、まずメインSSIDの設定を行います。

ちなみにマルチSSIDは、1つの無線LANルーターで複数のSSIDが使える機能で、端末ごとにSSIDを分ける事で、セキュリティレベルの個別設定ができますが、通常はあまり気にすることはないと思います。

WRC-X3000GS マルチSSID設定
WRC-X3000GS マルチSSID設定

WPSは、WPS機能というPINコードを入力するだけでWi-Fiの自動設定が簡単に行える機能を設定できますが、このWPS機能に脆弱性が見つかっているために、出来ればWPS機能はオフにしている方が無難です。

WRC-X3000GS WPS設定
WRC-X3000GS WPS設定

メインSSIDの画面では、2.4GHzの画面がまず開きます。

「バンドステアリングを有効にする」かにチェックが入っており、SSID、認証方式、暗号化、キーの種類、暗号化キーの変更ができます。

WRC-X3000GS メインSSID設定
WRC-X3000GS メインSSID設定

詳細設定にある「+」をクリックすると、詳細画面が開き、チャンネル幅、チャンネル、ステルス機能、電波出力、ひかりTVモードが設定できます。

バンドステアリング機能が悪影響を及ぼしている

当初こちらの設定は、セキュリティ面だけ設定して、ステルス機能を有効にして、SSIDと暗号化キーを変更しただけにしたんですが、それで接続したのがこちら。

WRC-X3000GS 変更後の速度
WRC-X3000GS 変更後の速度

この回線速度は、Windows PCでもWi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応したiPhone 11 ProでもMacBook Proでも似たり寄ったりで、今まで使っていたNEC Aterm WF1200HP2 PA-WF1200HP2と変わらないか遅い場合もあります。

これは、どうも「バンドステアリングを有効にする」が悪影響を及ぼしているようです。

バンドステアリング機能とは、Wi-Fiで使用する2つの周波帯の適切な方を選んで自動で繋いでくれる機能であり、エレコム WRC-X3000GSも初期設定は5GHz帯と2.4GHz帯のSSIDは共通で、バンドステアリング機能により状況に合わせて自動的に5GHzと2.4GHzが切り替わるようになっています。

ところが、エレコム WRC-X3000GSを初期設定のまま使ってみた限りだと、2.4GHzに接続される割合の方が高いようで、それで回線スピードが出ないみたいです。

そこで、改めて「バンドステアリングを有効にする」をオフにして、5GHZのタブを選んで、SSIDを2.4GHzのものとは別の名前に変更します。

5GHZのSSIDを別に設定
5GHZのSSIDを別に設定

これにより、2.4GHzと5GHzで別々のSSIDとなり、11nや11ac、11axといった高速な規格が利用できる端末は、5GHzに接続するようにします。

5GHzで接続した結果

上記の設定により、iPhone 11 ProとMacBook Proで接続した結果は以下の通り。

今まで同じく、エレコム WRC-X3000GSを設置している場所から、廊下を挟んだ別の部屋での計測です。

iPhone 11 Proの計測結果

11axに対応したiPhone 11 Proでの計測結果。

WRC-X3000GSにiPhone 11 Proで接続
WRC-X3000GSにiPhone 11 Proで接続

時間帯にはよりますが、出る時は100Mbpsを余裕で越えてきました。

MacBook Proの計測結果

11a/b/g/n/に対応した13.3インチMacBook Pro 2017年6月発売モデルの計測結果。

WRC-X3000GSにMacBook Proで接続
WRC-X3000GSにMacBook Proで接続

こちらも時間帯にはよりますが、出る時は100Mbpsを余裕で越えてきました。

240Mbpsを越える時も
240Mbpsを越える時も

240Mbpsを越える時も出てきました。

買い替える価値はある

以前、無線LANルーターの調子が悪くなったのでNEC Aterm WG1200HP2に買い換えたらかなり高速にで書いたように、2年程度で買い替えるとかなり実感速度が変わりますが、今回も大幅にスピードアップが図れました。

あと、これに伴い今まで使っていたWindowsマシンは、無線LAN子機(Wi-Fiアダプター)の方を買い替える必要がありそうです。

ということで、こちらを早速購入しました。

光回線カテゴリの最新記事